お知らせ
  • 最新技術・最新機器で何でも測ります

    技術革新目覚しい測量業務において、常に最新技術を導入し、高品質な成果を納めるべく、日々技術の研鑽に努めています。宇宙にある衛星からの電波を受信するGPS測量、基準点測量、 水準測量、土地及び境界調査をする用地測量など測量業務全般を誠意と誇りを持って、丹誠込めた成果のご提供を行っています。

  • 地上測量トップイメージ

レーザー測量

国土交通省i-constructionに対応
自機を中心とする360度方位の「角度」「距離」「高さ」及び「色」を計測し、3次元モデルを作成する画期的な測量手法です。さらにトータルステーション、GNSS測器等と組み合わせることにより、既設の基準点と高精度で整合させることも可能です。

※画像は、レーザー測量によるカラー点群データです。

  • レーザー測量イメージ1
  • レーザー測量イメージ2
サービスメニューとして、点群データの取得、構造物や地形地物等の点群フィルタリング、地形を3Dで表示するサーフェスモデルの作成、3次元モデル内の任意の平面図・断面図の作成、航空レーザーとのハイブリッドモデルの作成など取り揃えております。

※「i-construction」とは、ICTの全面的な活用により、生産性向上と働き方改革を進めようとする取組みです。当社も積極的に導入を進め、働き方改革に取り組んでおります。

  • レーザー測量イメージ3
  • レーザー測量イメージ4

基準点測量

空間情報の骨格を高精度でご提供します。

基準点測量

基準点測量は、測量を行う上で基礎となる測量です。基準点測量には、GPS測量、 水準測量が含まれます。衛星を使用するGPS及びトータルステーション等の機器を使用し、 角度・距離を測り、地球上の位置を求めます。基準点には、基本三角点、電子基準点、公共基準点などの種類があります。
  • 基準点測量イメージ1
  • 基準点測量イメージ2

水準測量

水準測量は、水準義と標尺を使用し、地上の高さを求めます。 日本水準原点は、東京都千代田区永田町一丁目1番2にあり東京湾標準海面を基準にしています。

GNSS測量

GNSS(Global Navigation Satellite System / 全球測位衛星システム)は、GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)等の衛星測位システムの総称です。
従来のGPS信号に加え、準天頂衛星みちびきなどの信号を複合的に捕捉し、高精度な座標を取得します。基準点測量の場合は、等級により、観測方法、観測時間、データ取得間隔が異なります。
  • 基準点測量システムイメージ3
  • 基準点測量システムイメージ4

現地測量

  • 実測による1/1,000以下の地図情報「数値地形デ-タ」を
    ご提供します。

    現地測量は、トータルステーションやRTK-GPS法若しくはネットワークRTK-GPS法を用いて、 現地において地形、地物を測定し精度の高い数値地形図データを作成します。

  • 現地測量トップイメージ

応用測量

機動力と人間性で路線、河川、用地測量を実施します。

路線測量

路線測量は、道路・水路・鉄道・管路建設のための調査、計画、実施設計及び維持管理に用いられる測量です。 路線測量には、線形決定、中心線測量、縦断測量、横断測量、用地幅杭設置測量などがあります。

河川測量

河川測量は、河川、海岸等の調査及び河川の維持管理等に用いる為に、形状、水位、深さ、流量を調査する測量です。

用地測量

用地測量は、道路、河川、ダム等の新設、改修、拡幅に当たり、用地取得等に必要な資料及び図面作成をします。 一筆ごとの関係者に、境界確認をして頂き、確認された境界点を境界測量により座標値を求めます。 求めた座標値より各筆の面積、取得用地面積及び残地面積を算出します。

地籍測量

国土調査法に基づき、地籍の明確化を図ります。
地籍測量の目的は、登記記録の内容を改め、精度の高い地図を作製することです。 その為に、一筆ごとの土地について、所有者、地番、地目を調査し、土地の筆界と面積を測量します。 地籍調査を行うことにより、境界をめぐるトラブルが未然に防止され、 公共事業の効率化・コスト縮減や災害復旧の迅速化に役立つほか、GISによる利活用を図ることが可能になります。

各種台帳測量

道路、水道、下水道等のライフラインを守ります。
弊社管理システム『TAIMS™』と連携させ、専門技術者による各種台帳測量及び補正業務を行い、 現地で取得した情報を構築し、支援いたします。
資料請求・お問い合わせフォームはこちら